WorldTechDog 最新テクノロジー

世界中のTECHニュース、最新テクノロジーやガジェット、クラウドファンディング等の紹介及びレビューをしていきます。

iPhoneで家の3Dスキャンを行えるアプリ「Matterport Capture」

Matterport Capture」をApp Storeで

 

Matterport Captureアプリは、iPhoneのカメラで部屋のスキャンを行い、人工知能を使用してさまざまな画像を3Dオブジェクト化してくれます。

 


Matterport brings 3D capture to the iPhone

 

精製された3Dオブジェクトにラベルを付けたり、家具の距離を測定したりできます。

 

また、アプリケーションが作成する平面図も興味深いです。

 

Matterport CaptureApp Storeから無料でダウンロードできます。

 

野球盤が超絶進化!電子スコアボードを搭載した「野球盤 モンスターコントロール」

 

2018年の東京おもちゃショーにて最高賞を受賞したおもちゃです!

 

モンスターコントロールが他の家庭用野球ゲームのおもちゃよりも優れている点について以下にまとめました。

 

 

1⃣投球とバッティングの制御が優れている。

 

 

 

2⃣アウト、ボール、ストライクや投球の速度を計算して自動で表示する電子スコア

 

 

最近は、デジタルゲームが主流ですが野球盤のように楽しめるゲームもいいと思います。

 

現在Amazonにて、約8000円で販売しています!

www.amazon.co.jp

 

14インチの背面にアニメーションを表示可能な超軽量ゲーミングノートPC!「ASUS G14 Zephyrus」

 

控えめに言って、超絶おしゃれなこのノートPCは、 大手パソコンメーカーのASUSより2020年春以降発売予定(日本)の「G14 Zephyrus」です。

(すでにアメリカ等では発売されております。)

 

AMDのモバイル(ノートPC)向けCPU, GPU解説 /ASUS ROG Zephyrus G ...

 

外見でデザイン性の良さもさることながら、スペック面でもゲーミング PC の名に恥じないパワーがあります。

特徴を1つずつご紹介します!

 

1.14インチPCとしては、スペックが超破格!

 

CPU → Ryzen 9 4900HS

GPU → NVIDIA RTX2060max-q

メモリ → 16GB 3,200MHz DDR4

ディスプレイ → 14インチ1,920 x 1,080 120 Hz

ストレージ → 1TB SSD

ポート → 2 x USB-C(1 x PDおよびDisplayPort 1.4)、2 x USB-A、1 x HDMI 2.0b、1 xヘッドセット

ネットワーク等→ Intel Wi-Fi 6 AX1200(Gig +)、Bluetooth 5.0

OS → Microsoft Windows Home

重量 → 1.6kg

 

2.C端子経由にて充電可能!

個人的には、これが一番魅力的な所だと思っています。

(今まで、ゲーミングPCにつきものであった1kg近い充電器を持ち運ぶ必要がない為)

付属の180W ACアダプターにて、

AC端子からの充電も可能です。

 

3.背面ディスプレイにて、オリジナルアニメーションを表示可能 !


Zephyrus G14 - Design Story | ROG

 

これは、マジで反則的なかっこよさ!

自分で背面ディスプレイの表示カスタマイズも可能なので、創作意欲がぶち上がります!

スタバでも、ドヤれること間違いなし!

 

4.本体重量が1.6kgと超軽量!

本体重量に関しては、

背面ディスプレイなし→1.6kg

背面ディスプレイあり→1.7kg

の違いがあります。

 

5.優れたバッテリー寿命

150 nitの明るさでWi-Fiを介して継続的にWebを閲覧した場合において、バッテリーは約11時間30分持続可能です。

 

6.Wi-Fi 6 に対応

接続が途切れにくく、超高速通信が可能なWi-Fi 6 に対応してますので、ゲーム対戦を快適に行うことが可能です。

 

7.WEBカメラ非搭載

WEBカメラは、備えていないので必要な方は独自に取り付ける必要があります。

 

 

総合して、「ASUS G14 Zephyrus」は非常に優れたデザイン性と機能性を持ったノートPCであると言えます!

 

気になる価格ですが、日本ではまだ未発売の為何とも言えないのですが、アメリカですと最上位スペックで2000$(約22万円)なので、同等の値段設定だと思います。

 

気になる方は、「ASUS G14 Zephyrus」の公式サイトのリンクを貼っておきますのでチェックしてみて下さい。

https://www.asus.com/Laptops/ROG-Zephyrus-G14/

 

物理的に史上最強のゲーミングチェア!「IW-J20」

IW-J20 PRO

まるで、大戦兵器のような見た目が特徴的なImperatorworks社から発売されているゲーミングチェア「IW-J20」についてご紹介します。

 

 

画像

見た目のゴツさとは裏腹に、多彩な機能を備えた快適なゲーミングチェアに仕上がっています。

 

特徴

  • 油圧モーターを使用し、調整可能なリクライニングシート&暖房機能付き
  • 最大3台(27インチ)のモニターの取り付け可能
  • フレームにカスタマイズ可能なLEDライト搭載
  • 3つの調整可能なデスクを搭載
  • 周りのフレームは高炭素鋼で作られており、高さ&距離調節が可能

 

 

現在、公式サイトより10個限定で送料無料の限定販売中です。

 

価格については、$3499(日本円にして38万円)とかなりいいお値段がします。

 

興味のあるかたは、販売元のサイトを載せておくのでチェックしてみてください!

https://imperatorworks.com/index.php/iw-j20

 


Imperatorworks IW-J20 Pro Gatling Gun

HDMIケーブルの煩わしさがなくなる!超低遅延ワイヤレストランスミッター

 

「MOKiN」の画像検索結果

 

モニター画面やプロジェクターにHDMIケーブルを接続している方必見!

 

HDMIケーブルの煩わしさから解放されるアイテムを紹介します。

 

このアイテムはMOKiNといい、送信機と受信機の2つの部分で設計されています。

 

 

接続はとても簡単で、モニター側のレシーバーを接続し、トランスミッター側をPCなどのデバイスに繋ぐだけです。

 

 

「MOKiN」の画像検索結果

トランスミッターとレシーバーは、低遅延のWiFiを使用して通信し、10メートルの距離でも問題なく動作し、1080pをほぼリアルタイムで鑑賞することが出来ます。レシーバーユニットには、VGAポートとHDMIポート、および3.5mmヘッドホンジャックがあるため、さまざまなデバイスを接続できるだけでなく、2つ同時にディスプレイと外部スピーカーを使用できます。

 

 

トランスミッター側には、USB-A×2、microSD/SDポートがあるのでマルチデバイスとして活用することが出来ます。

 

 

 

現在、クラウドファンディングサイト「kickstarter」にてHK$769(日本円にして約1万円)から入手することが出来ます。

https://www.kickstarter.com/projects/mokin/mokin-get-your-mokin-today-extend-your-screen-wirelessly?ref=Fundedtoday&utm_medium=referral&utm_source=yanko.fnd.to

 

 


Now On Kickstarter: MOKiN | Get your MOKiN today, Extend your Screen Wirelessly

注目度1000%、ホログラフィックに光るサッカーボール!

 

HoloSportサイトより。

 

この光るサッカーボールは「HoloGear」と呼ばれる アイテムです。

 

常に光っているわけではなく、カメラのフラッシュやライト等の光に反応して光るようになっています。

 

表面は他のサッカーボールと同じように合成の皮革で作られているので、 通常通り遊ぶことができます。

しかし、間違いなく目立ちます!

 

現在、「HoloGear」の公式サイトから購入することができます!

https://www.hologearco.com/collections/best-sellers/products/holographic-soccer

超小型折りたたみ電動バイク 「HiMo H1」

 

 

この電動バイクはスタイリッシュなデザインが特徴&コンパクトに折りたたむことができ、バックパックにも入れることが可能な超画期的なモビリティバイクです。

 

その他の特徴↓

パッド入りメッシュシート 

 

反応性の高いデジタルブレーキシステム&衝撃吸収タイヤ

 

視認性の高いLEDディスプレイ& LED ヘッドライト

 

バッテリーに関しては7500mAhのエネルギー効率の高いバッテリーを備えており、最大で30kmの走行が可能です。

 

 

 

現在、クラウドファンディングサイト「indiegogo」にて469$(日本円にして約5万2千円)~入手することが可能です!

https://www.indiegogo.com/projects/himo-folding-e-bike-that-goes-with-you-everywhere--2#/

 


HiMo: Folding E-Bike That Goes with You Everywhere