WorldTechDog 最新テクノロジー

世界中のTECHニュース、最新テクノロジーやガジェット、クラウドファンディング等の紹介及びレビューをしていきます。

未来のApple製品のヒントとなるかも!? アップル社が出願している特許5選 。

 

「Apple」の画像検索結果

 

とても魅力的で、機能的な Apple 製品は毎年 新商品の発表が注目されています。

 

そこで今回は、将来的に実装される可能性がある Apple が申請済みの特許をご紹介したいと思います。

 

 

 

1.変形するガラス

Macのリンゴの未来は非常に奇妙な特許です1変形可能なガラスキーボード

画面を押すと曲がり、普通のガラスではなく感触が得られるようなガラスとなっております。そのため予想ですが、押しやすいように凹凸があるかもしれません。

最近ではバタフライキーボードの不具合等が出ているので、 キーボードの隙間にゴミが入らない特殊ガラスキーボードの採用があるのかもしれません。 

 

 

 

2.モーションコントロールシステム

リンゴの未来のMacは非常に奇妙な特許2ズームベースのジェスチャーユーザーインターフェイスです

最近では、vtuberなどで使用されているケースをよく見ますが、Apple製品においても身振り手振りによって、パソコン上の画面を操ったりすることが可能になるのかもしれません 。

 

 

 

3.プライバシーゴーグル

リンゴの未来のMacは非常に奇妙な特許3プライバシーゴーグルです

カフェなどで作業をしていると、他の人に覗き見されてるかもしれないと言う疑心暗鬼に陥ることがあるかもしれません。 Apple が将来的に実装するかもしれないこのゴーグルは、そういった心配をなくすことが出来ます。

このゴーグルをかけている人は画面が正常に見えますが、かけてない人が見るとぼやけて見えるという様な具合です。 

 

 

 

4.キーボード統合型デスクトップ PC

リンゴの未来のMacは非常に奇妙な特許です5湾曲したガラスのimac

こちらの特許は、湾曲したガラス板にディスプレイ、キーボード、トラックパッドが備わっている デスクトップ PCです。

 

 

 

5.Apple Watch指紋認証でロック解除する特許。

USPTO Apple Watch 指紋センサー 特許

現在Apple Watchのロック解除は、画面上でパスコードを入力する方法がとられています。ですがこの特許によれば、Apple WatchのDigital CrownにTouch IDセンサーを埋め込み、指紋でロック解除可能との事です。

 

 

以上、Apple社の特許5選についてお伝えしました。

 

どれもこれも、まだ実現されるかどうか分からないのですが、5つ目の「Apple Watch指紋認証でロック解除する特許」は、両手がふさがっている時などに、画面を触ってパスコードを打つのが面倒なので、ぜひ実現してもらいたいです。