WorldTechDog 最新テクノロジー

世界中のTECHニュース、最新テクノロジーやガジェット、クラウドファンディング等の紹介及びレビューをしていきます。

10月31日に発表されるDJIの新型ドローン「DJI Mavic Mini」のリーク写真

 

 

 

まだ噂段階ですが、 DJIの公式ライティングページにて 「Arya」のコードが発見されました。

これはおそらく、新しいドローンの内部コード名だと思われます。

 

以下が、10月31日に発表されると思われる新型ドローンの画像と詳細になります。

DJI Mavic Miniの写真が流出

DJI Mavic Mini  
重量 245 g
寸法 140x140x53mm
対角距離(プロペラは除く) 170mm
最大上昇速度 風のないスポーツモードでは9.8フィート/秒(3 m /秒)
最大降下速度 自動着陸モードで9.8 ft / s(3 m / s)
スピード 風のないスポーツモードで31 mph(50 kph)
海抜最大 13,123フィート(4,000 m)
最大飛行時間 18分(常に12.4 mph(20 kph)で無風の場合)
最大ホバリング時間 17分(風なし)
動作温度範囲 32°Fから104°F(0°Cから40°C)
衛星測位システム GPS / GLOSNASS
ホバリング精度範囲 垂直+/- 0.1m(ビジョンポジショニングがアクティブの場合
送信機電力(EIRP) 2.4 GHz…および5.8 GHz…
動作周波数 2.400 – 2.483 GHz; 5.725 – 5.825 GHz
ジンバル  
制御可能範囲 ピッチ–85°〜0°
  3軸メカニカル(ピッチ、ロール、ヨー)
3Dセンシングシステム
障害物検知範囲 1〜16フィート(0.2〜5m)
動作環境 表面は20x20cmより大きく、反射率が20%を超える拡散反射が可能である必要があります(例:壁、木、人
ビジョンポジショニングシステム  
速度範囲 地上6.6フィート(2 m)で≤22.4mph(36 kph)
高度範囲 0〜26フィート(0〜8 m)
動作範囲 0〜98フィート(0〜30 m)
   
カメラ  
センサー 1 / 2.3″ CMOS、有効ピクセル12MP
レンズ FOV 81.9°25mm(35mmフォーマット相当)f / 2.6
ISO範囲 ビデオ100–3200、写真100–1600
電子シャッター速度 2–1 / 8000s
画像サイズ 4000×3000
静止画モード シングルショット、バースト撮影:3フレーム、自動露出(AEB)間隔2/3/5/7/10/15/20/30 / 60s
ビデオ解像度 4K:3840×2160 30p、2.7K:2688×1515 60p、FHD:1920×1080 120p
最大ビデオビットレート 60Mpbs
サポートされているファイルシステム FAT32(≤32GB)
写真フォーマット JPEG
ビデオフォーマット MP4(MPEG–4 AVC / H.264
Wi-Fi  
動作周波数 2.4GHz / 5.8GHz
最大伝送距離 100m(距離)…
リモコン  
動作周波数 2.4GHz
最大伝送距離 2.400 – 2.483GHz(遮るものがない、干渉のない)、FCC 3.1mi(5km); CE:1.8マイル(3km); SRRC 1.2 mi(2km)、5.725 – 5.825GHz(遮るもののない、干渉のない)、FCC:3.1mi(5km)。CE:1.8マイル(3km); SRRC 1.2mi(2km)
動作温度範囲 0°〜40°C(32°〜104°F)
電池 3000mAh
送信機電力 2.4GHz:FCC:≤26dBm; CE:≤18dBm; SRCC:≤18dBm、5.8GHz:FCC:≤28dBm; CE:≤14dBm; SRCC:≤26dBm
動作電流/電圧 950mAh @ 3.7V
サポートされているモバイルデバイスのサイズ 厚さ範囲:6.5〜8.5mm、最大長:160mm
充電器  
入力 100-240V; 50 / 60Hz; 0.5A
出力 5V / 3A; 9V / 2A; 12V / 1.5A

 

米国連邦通信委員会FCC)にも登録済。

 

DJI Mavic Miniドローンの価格については、トラベルケース、プロペラガード、充電ドック、およびその他の付属品を含むセット価格は約650ドル(約7万円)

ドローン単体で約400ドル(約4万4千円)らしいです。

 

まだ、噂段階なので何ともいえないですが、2019年10月31日に開催されるプレスイベントにてすべて明らかになると思います。